shikata ga nai

Private? There is no such things.

Neo4jをつかいながらCypher言語がわかってきた

Hello there, ('ω')ノ

 

本日も引き続き、Neo4jでCWE-IDの構築を。

これまで作ったものを確認してみると。

やはり、間違って登録した箇所がみつかって。

その都度、Cypher言語を確認しては下記のように実行することに。

 

例)

 ■検索
 MATCH (a:Pillar {name:435})
 RETURN a

 

 ■リレーション削除
 MATCH (:Class {name:1004"})-[c:ChildOf]->(:Pillar {name:664"})
 DELETE c

 

 ■変更
 MATCH (a:Class {name:22})
 SET a.name=668
 RETURN a

 

 ■内部IDで削除
 MATCH (a:Class) where ID(a)=771
 DETACH DELETE a

 

現在の進捗としては、主要な脆弱性についての親子関係はかなり網羅しているかと。

 

f:id:ThisIsOne:20201106141533p:plain

 

たとえば、PillarとClassのみを表示させることも。

 

f:id:ThisIsOne:20201106141503p:plain

 

Best regards, (^^ゞ

ひとりひとりの自覚をもった行動で、医療従事者と保健所職員を助けよう。

f:id:ThisIsOne:20200404115457p:plain