shikata ga nai

Private? There is no such things.

JVNとJVN iPediaのリンクについてかいてみた

Hello guys!

 

CVEとNVDの関係は分かりやすかったかと。

 

CVEが脆弱性情報をCVE-IDで一元管理しているので。

これがルートディレクトリのようなイメージで。

NVDは、そのCVEを脆弱性情報について詳細な情報を提供しており。

CVE⇨NVDといった流れのような。

 

同じくJVNが日本に特化したものと考えると単純にCVE⇨JVNと思って。

JVNのページでCVE-IDを検索しようとすると。

どこで検索してよいのやら。

JVNで公表している脆弱性はCVEの割り当てを申請しているので。

あってもよさそうなのだが。

 

なのでJVNへは、JVN iPediaから検索することに。

 

f:id:ThisIsOne:20191129094510p:plain

 

ここでCVEに紐づくJVNがあると表示されることに。

そしてリンクをたどると。

 

f:id:ThisIsOne:20191129094645p:plain

 

JVNのページが表示され。

調べたかったCVEの内容が日本語で把握できるといった流れで。

 

f:id:ThisIsOne:20191129094904p:plain

 

ページの下のほうを見ると。

CVEやJVN iPediaのコードも書かれており。

CVE-IDをクリックすると見慣れたCVEのページへと。

JVN iPediaのコードをクリックすると。

 

f:id:ThisIsOne:20191129095138p:plain

 

JVN iPediaのページへと。

 

f:id:ThisIsOne:20191129095702p:plain

 

これでCVEを起点として。

NVD、JVN、JVN iPediaの連携がイメージできたかと。

 

Best regards,

ひとりひとりの自覚をもった行動で、医療従事者と保健所職員を助けよう。

f:id:ThisIsOne:20200404115457p:plain