shikata ga nai

Private? There is no such things.

Atomic Testでカスタム入力引数を指定してみた

Hello there, ('ω')ノ

 

今回は、T1016を。

 

f:id:ThisIsOne:20210530165105p:plain

 

f:id:ThisIsOne:20210530165210p:plain

 

まずは、T1016の詳細について。

Atomic Test #3が表示されないもので。

 Invoke-AtomicTest T1016 -ShowDetailsBrief

 

f:id:ThisIsOne:20210530164720p:plain

 

下記で、確認すると。

サポートされているプラ​​ットフォームは、LinuxとmacOSのことで表示されず。

https://github.com/redcanaryco/atomic-red-team/blob/master/atomics/T1016/T1016.md#atomic-test-3---system-network-configuration-discovery

 

f:id:ThisIsOne:20210530164843p:plain

 

次に#5について詳細を見てみると。

 Invoke-AtomicTest T1016 -TestNumbers 5 -ShowDetails

 

リストされているコマンドには 2 つのバージョンがあって。

入力引数が置換されているものとないもので。

 

 $ports = Get-content #{port_file}

 $file = "#{output_file}"

 

 $ports = Get-content C:\AtomicRedTeam\atomics\T1016\src\top-128.txt

 $file = "$env:USERPROFILE\Desktop\open-ports.txt"

 

f:id:ThisIsOne:20210530165514p:plain

 

とりあえずテストを実行してみるとデフォルトで実行されて。

 Invoke-AtomicTest T1016 -TestNumbers 5

 

f:id:ThisIsOne:20210530170042p:plain

 

出力されたファイルは下記のとおりで。

 open-ports.txt

 

f:id:ThisIsOne:20210530170540p:plain

 

たとえば、入力引数に独自の値を入力するには。

「PromptForInputArgs」フラグを使用できて。

実行すると3つの入力引数に入力できるわけで。

なにも入力しなければ、デフォルトのままで。

 Invoke-AtomicTest T1016 -TestNumbers 5 -PromptForInputArgs

 

f:id:ThisIsOne:20210530171432p:plain

 

指定するポートのファイルを作成して。

 USERPROFILE\Desktop\3ports.txt

 

f:id:ThisIsOne:20210530220020p:plain

 

「myargs」という変数にカスタム引数を代入して。

Invoke-AtomicTestに引数としてわたす方法は下記のとおりで。

$myargsに引数をセットして。

 

 $myargs = @{output_file = "$env:USERPROFILE\Desktop\3ports.txt"; port_file = "$env:USERPROFILE\ports2scan.txt"}

 Invoke-AtomicTest T1016 -TestNumbers 5 -InputArgs $myargs

 

f:id:ThisIsOne:20210530215909p:plain

 

実行結果のファイルの中身は下記のとおりで。

 USERPROFILE\ports2scan.txt

 

f:id:ThisIsOne:20210530220126p:plain

 

Best regards, (^^ゞ

ひとりひとりの自覚をもった行動で、医療従事者と保健所職員を助けよう。

f:id:ThisIsOne:20200404115457p:plain