shikata ga nai

Private? There is no such things.

Wiresharkで3ウェイハンドシェイクをウォッチしてみた

Hello there, ('ω')ノ

 

下記は、http://51.52.223.33のWebページにアクセスする際のパケットで。

実際のデータ転送の前に発生する3ウェイハンドシェイクプロセスパケットの流れを。

難しく考えずになんとなく程度で把握することを目的にすると。

 

まずは、専用チャネルを作成するために。

下記パケット番号で、3ウェイハンドシェイクプロセスが実行されていて。

 パケット番号:36690、36693、36694

 

36690パケット:

 クライアントがSEQが0に設定されたパケットでSYNパケットを送信して開始。

 

36693パケット:

 サーバはACKが1に設定され、SEQが0に設定されたSYN / ACKパケットで応答。

 

36694パケット:

 SEQ = 1およびACK = 1のパケットでクライアント側から送信。

 

36695パケット:

 チャネルの作成が正常に完了すると、クライアントはGET要求を送信して。

 Webルートディレクトリのコンテンツにアクセスして。

 

画像にはないですが。

サーバはこれを確認し、要求されたコンテンツを200 OKステータスで送信して。

 

f:id:ThisIsOne:20200702191036p:plain

 

すべてのデータ転送が行われた後。

クライアントが要求するものがなかったり、サーバが送信するものがなければ。

クライアントは、FIN / ACKパケットを送信して接続を終了して。

このパケットは、クライアントによってパケット番号36811で確認されて。

はじめのころは、混乱するのである程度のレベルの理解でよろしいのかと。

 

f:id:ThisIsOne:20200702193934p:plain

 

Best regards, (^^ゞ

ひとりひとりの自覚をもった行動で、医療従事者と保健所職員を助けよう。

f:id:ThisIsOne:20200404115457p:plain