shikata ga nai

Private? There is no such things.

airmon-ngの使い方の流れをまとめてみた

Hello there,

 

airodump-ngは、パケットスニッフィングができて。

このツールをつかうと

 ワイヤレスAP

 関連付けられているクライアントデバイス

 関連付けられていないクライアントデバイス(ステーション)

 暗号化タイプ

 SSID

 APの製造元

        など

が表示でき。

 

まずは、ifconfigでアダプタの状況を確認して。

監視モードの有効化を妨げる可能性のあるプロセスを確認して。

 

f:id:ThisIsOne:20200428175214p:plain

 

監視モードの有効化を妨げる可能性のあるプロセスを終了して。

その後、再度プロセスを確認するとなにも表示されておらず。

ifconfigでもアダプタの状況を確認して。

 

f:id:ThisIsOne:20200428175132p:plain

 

次にワイヤレスアダプタの監視モードを有効にして。

ifconfigでアダプタの状況を確認すると変化が見られ。

 

f:id:ThisIsOne:20200428175310p:plain

 

次のコマンドで、ちかくにあるアクセスポイントとその情報を表示させ。

 airodump-ng wlan0mon

 

f:id:ThisIsOne:20200428180427p:plain

 

さらに下記のオプションをつかってターゲットの出力をフィルタリングして。

 airodump-ng --bssid <bssid value> -c <channel number> wlan0mon

 

f:id:ThisIsOne:20200428180234p:plain

 

パケットスニッフィングを終了するにはCntl+Cで止めるか。

下記のコマンドでstopするか。

ここでifconfigで状態を確認しておいて。

 

f:id:ThisIsOne:20200428175531p:plain

 

最後にWiFiを再開するためにnetwork-managerをrestartして。

このあたりの説明がなかったりする教材が少なくなかったりと。

ifconfigで状態を確認すると元通りに。

 

f:id:ThisIsOne:20200428175632p:plain

 

Best regards,

ひとりひとりの自覚をもった行動で、医療従事者と保健所職員を助けよう。

f:id:ThisIsOne:20200404115457p:plain